兵庫県三木市、神戸市、小野市、加古川市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ三木店におまかせください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ
Matsudaira 三木店

GOOD DESIGN GOOD DESIGN

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-746-168
営業時間 9:00~18:00(日曜日定休)

フリーダイヤル0120746168

三木店スタッフブログ

小野市神明町のALC外壁塗装工事(^-^;

スタッフブログをご覧いただき

ありがとうございます。

『子育て世帯を全力で応援する!!』

兵庫県三木市の塗装会社 プロタイムズ三木店

Matsudairaです。

神戸市・三木市・小野市・加古川市の

屋根外壁塗り替えならお任せください。

真心と誠意を込めてご対応させて頂きます!!

プロタイムズ三木店、工事部の上田充康です。

今回は小野市神明町のALC外壁の塗装工事の前の外壁補修工事と、シーリング工事に来ました。

先ずはALC外壁のひび割れや欠損部の補修箇所のマーキングをしていきます。

現状、部屋の中に漏水が起こっているのでかなりシビアにクラックをマーキングしていきます。

写真にあるように雨漏りがかなり酷いようで、部屋の端から端まで受け皿を作られておられました(・_・;)

 

部屋の中の様子を見た後のマーキングなので小さいのもひらいもれの無いようにひらった結果、壁一面に無数のマーキングになってしまいました(・_・;)

 

これには理由がありまして、外側の壁のひび割れが微細に見えても中側は大きなひび割れに、なっていることが多く見受けられるからなのです。

 

 

 

このように外部は塗装されている為に小さく見えても、内側はかなり大きくひび割れしています。

外部から内部まで貫通したひび割れなので当然ながら部屋の中に水が侵入して当然ですね。

 

このような小さい欠けに見える箇所でも、実際にはこれだけの大きさで取れてしまいます。

大した力を加えなくても簡単に取れてしまいます、このような箇所が至る所にありますので、かなり難易度が高い補修工事のようです。

 

サッシなどの開口部の上部でこのような箇所がありますと、上の写真にあったように、水が侵入してバケツ等では到底追いつかない、大惨事が起こりえますので要注意ですね、また、ALC板のクロス部分も要注意です

 

このように、クロス部分はシーリング材で防水していますが、この箇所での欠損はシーリング材の裏側に水が侵入してしまいますのでシーリングでの防水がなんの役にも立たないのです。

横目地上部からの水の侵入は、横に動き至る所から漏水させますから、漏水箇所の見極めが難しくなります。

こちらの建物の横目地は上部が切れていて下部が付いていたので、水を内部に侵入させる形になっていた南面の1階部分は建物の端から端まで雨漏れするという悲惨な状態になっていました(>_<)

ですので、サッシ廻りも、横目地もしっかりとシーリング撤去をおこないます。

 

このように、シーリング材を撤去した後、きちんとプライマーを塗布します、ALC板は多孔質材料ですので、プライマーの吸い込みが大きいので、通常よりも多くプライマーが必要です。

ですが、プライマー塗布不良はシーリングの切れに直結しますのでしっかりと塗っていきます。

サッシ廻りのプライマーの写真は割愛しましたが、濡れ色になっていますので、ちゃんと塗っているのは、わかっていただけると思います。

こうして、細かくひらいだした補修部分もシーリングの工事も、かなり大がかりになってしまいましたが無事に終了です。

壁一面に補修で模様ができていますが、ここまでやったので、補修のもれはないはずです。

補修工事とシーリング工事完了後で、何日か雨が降りましたが、中で作業されている大工さんは、雨は入ってきてないといわれてました。

部屋の内部に入り目視しましたが、雨染みもありませんでした。

しかしながらALC板の全体的な劣化は著しいので、今回は塗料も防水効果に特化したもので塗装して、さらに雨漏れの不安を取り除いていきます。

塗装工事はまだ終わっていませんが、ALC外壁のお家は雨漏れがとても怖いですよとおつたえしたく、ブログを書きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

これから、台風シーズンですので、皆さまお気を付けください(^O^)/

 

人気記事